カスタム検索
背景色を変更する
黒通常
  • 無料相談会無料相談会
  • ログイン会員ページ

【地域創生】井戸知事エッセイ「人口の社会増対策」掲載のお知らせ

【地域創生行政書士発 まち・ひと・しごと通信】

(井戸)知事エッセイ「人口の社会増対策」掲載のお知らせ
 兵庫県ホームページに、知事エッセイが掲載され、社会移動に伴う人口減少で、全国第
3位の流出数になっている兵庫県に明るい兆しが。地域創生として、兵庫の多様性と連携を
ベースに兵庫らしい「人口の社会増対策」が、分かりやすく紹介されています。

人口の社会増対策
(人口の社会減の進行)
 「兵庫県が人口減少県になったのは、もとより少子高齢化に伴う人口の自然減少が主因で
あるが、ここ数年社会増減で見ても、減少が続いている。平成28年一年間の社会移動に伴
う人口減少は6760人で、全国第3位の流出数になっている。ちなみに、第1位は北海道で68
74人減、第2位は熊本地震の影響だろう、熊本県で6791人減に次いでいる。第4位が静岡県
、第5位が青森県、第6位が新潟県と続く。絶対数による順位付けであるので、これを減少
率にするともちろん順位が変わり、兵庫県は0.12%、31位になるので、全く風景が変わる
ともいえる。」
(兵庫県HP「人口の社会増対策」より引用)

詳しくはホームページで
ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事エッセー > 人口の社会増
対策(平成29年3月)
http://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/201703.html


※【地域創生行政書士発 まち・ひと・しごと通信】は、企画部地域創生プロジェクト会議
からの行政の地域創生戦略等と本会事業目的に沿った地域創生等に関連する情報発信です。

戻る