行政書士の仕事

知的資産・著作権に関する相談

「知的資産経営」とは、企業の経営理念、人材、技術力、ノウハウ、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等といった、財務データには表れない資産(知的資産)のうち、自社の競争力の源泉となっているものを見える化=魅せる化することにより、ステークホルダー(顧客・取引先・金融機関等)からの支持や評価を得て、事業の発展に役立てる経営のことをいいます。知的資産経営の成果をまとめた「知的資産経営報告書」を作成し、開示・公表することは、経済産業省により推奨されています。
行政書士は、これら知的資産経営導入と知的資産経営報告書の作成をサポートします。

著作権は作品(絵や文章など)を創作した時点で自動的に発生しますが、著作権を移転する場合の取引の安全性を確保したい、あるいは著作権に関する権利関係を公示したい場合は、文化庁による著作権の「登録制度」を利用することができます。 行政書士は、文化庁への登録申請業務を行います。また、著作権契約その他著作権に関する相談を受け付けています。

対応可能な行政書士を探す

無料相談会のご案内

無料相談会(神戸支部)

予約不要

5月度加古川市無料相談会のお知らせ(加古川支部)

2024/5/28(火)

13:00 ~ 15:00

予約不要

無料相談会〔三田地区〕(摂丹支部)

2024/6/1(土)

13:00 ~ 16:00

予約不要

無料相談会〔丹波地区〕(摂丹支部)

2024/6/1(土)

13:30 ~ 16:00

予約不要

6月度高砂市無料相談会のお知らせ(加古川支部)

2024/6/10(月)

13:00 ~ 15:00

予約不要

loading